コメントする

おうちを快適にするための、ソファー

最近、男女を問わずインテリアに凝る人が増えている気がします。いかにもビジュアルすべてに気を使いそうな、ツイードのジャケットとか
襟のつまった細身のシャツとかを着ているおしゃれさんの部屋ならば「おしゃれだろうな」と予想がついているのですが、ふつうの
人でもけっこう可愛いお部屋に住んでいたりするのです。やはりそれは、桁外れな出費をせずともセンスの良い雑貨や家具が手に入る、
IKEAのようなお店が定着したことも大きく影響しているのでしょう。
また、ニトリのような低価格を売りにする家具屋さんに行っても、
けっこうおしゃれなものがたくさん置いてあります。全体的にレベルが上がっているのかもしれません。
そして、よく耳にするのが「北欧風デザイン」「北欧インテリア」「北欧家具」。
北欧のインテリアは、おしゃれな人々からも注目を浴びる存在です。
シンプルでスタイリッシュ、鮮やかな色使い。マリメッコのような、可愛くおしゃれな北欧ブランドはたくさんあります。
IKEAのような大型店でなくても、デンマークやスウェーデン、フィンランドなど北欧家具を扱うお店は、日本にも数多くあります。
なんでも北欧は、長く厳しい冬を快適に越すために、家の中を素敵にする努力を惜しまないのだそうです。もちろん、壁が厚かったり、
太陽の光を取り入れやすい窓にしたりと家のつくり自体にも工夫があるのですが、家の中で過ごす時間が長いことから、部屋に置く家具や
、部屋を飾るものへのこだわりも高くなっていったのかもしれません。
確かに、季節を問わず仕事に遊びに出かけまわる日本人よりも、家で過ごす時間は長そうです。
どんよりと重たい冬の灰色の空、肌を刺す冷たい空気。木々には花も葉もなく、木枯らしが吹く真冬。
そんな冬でも、家の中をおしゃれなお気に入りの家具で揃えたら、お部屋でぬくぬくと過ごすのが楽しくなりそうです。
なんとなく、フィンランドの児童文学の「ムーミン」を思い出します。ムーミン屋敷も、家族それぞれの居場所がきちんとあって、すごく可愛らしい
おうちです。と言ってもムーミンたちは冬は冬眠してしまうのですが。ですが、ムーミンたちがソファーで団らんするシーンは
なんだかすごく、居心地がよさそうなのです。
もちろん、実際に人間は冬眠することはできませんが。
ソファーで家族との時間を過ごし家の中をできるだけ快適に、居心地良く。
そんな願いから、北欧家具は作られ、多くの人に愛されているのです。
そんなソファーをぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*