コメントする

最近の住居と北欧家具

最近では、だれでも、北欧家具が本当に身近に買えるようになってきました。
特に人気があるのは、大型の北欧家具専門です。
こういったお店も、東京近郊だけではなく、全国にどんどんできて来ています。
このお店については、今では、知らない人は少ないのではないか、というくらいの人気です。

北欧家具、ノルウェーだったりスウェーデンの家具というのは、日本人にも好まれるデザインなのでしょう。
基本的には木材が使われていますが、色使いがカラフルで、あたたかみがあります。
魅力に惹かれてしまうと、なかなか手放せないところがあり、こういった北欧家具を揃える家というのも増えて来ていると思います。

日本人がこういった北欧家具を好むようになった理由のひとつは、木材の質感かと思います。
もともと、日本の住宅も木材でできていましたが、日本の家具というのも、木材と切ってもきれないものです。
なので、こういった北欧家具の木材の質感と、日本人の家具に求めるあたたかさというのが、とてもマッチしたのだろうと思います。
ただ、かつての日本家具は、ちゃぶだいだったり、床の間だったりしましたが、今の住居は、どちらかというと、テーブルだったりすることが多くなりました。
それは、一軒家ではなく、マンションに住む人たちが増えたからかもしれません。
北欧家具は、こういったマンションにもとても良く合うデザインです。
日本の家具であると、どうしても、茶色だったり黒だったりという、重い色合いのものが多かったように思います。
こういった日本家具は、日本的な作りの家にはとても合うのですが、いまどきのマンションというのには、あまり合わないことも多くあります。
とくに、最近はデザイナーズマンションというような、モダンな作りのマンションも増え、特別な人だけではなく、一般の人もこういったモダンな住まいに住むようになりました。

こういった住環境の変化にも、北欧家具が広がるようになった理由があるように思います。
北欧家具のデザインはカラフルで、どこかポップで、こういったデザイナーズマンションなどのインテリアとしても、とてもマッチします。
すっきりとした形も、マンションのかぎられたスペースを有効に使うのに、とても向いているといえます。
木材のあたたかみと、モダンなデザインをもつ北欧家具は、今時の日本の住居にも、とてもぴったりなのだといえるでしょう。
これが、どんどん広がる北欧家具の人気の理由なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*